Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

なかね せっこう

中根 雪江

文化4(1807)年~明治10(1877)年

福井藩主松平春嶽の第一の家臣

中根 雪江(福井市立郷土歴史博物館蔵)

福井藩重臣。通称は靱負。弘化三(一八四六)年、松平春嶽の側用人となる。将軍継嗣問題で活躍し、後に公武合体運動の推進力となった。文久三(一八六三)年の藩内の政変では横井小楠・由利公正らと対立し蟄居を命ぜられた。
元治元(一八六四)年、再び側用人に復し、維新前後の国事に奔走。新政府では参与となり、内国事務掛を兼ねる。主君春嶽の業績を忠実に著書にまとめた『昨夢紀事』『再夢紀事』『奉答紀事』などを執筆している。

- -
Pagetop