Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

よしだ けんぞう

吉田 健三

嘉永2(1849)年~明治22(1889)年

総理大臣 吉田茂の養父 数々の事業に成功し大富豪に

吉田 健三(『山本条太郎伝記』より)

明治時代の実業家。福井藩士の子。十六歳で福井藩を脱藩し、大坂で医学を、長崎で英語を学び、欧米へ遊学。帰国後、ジャーディン・マジソン商会(英一番館)の番頭となり、商才を発揮。また、「東京日日新聞(現・毎日新聞)」の創刊に参画している。醤油醸造業や電灯会社の設立にも関わり、実業家としての頭角を現し横浜有数の富豪に成長した。
その養子・吉田茂は、内閣総理大臣として日本の戦後復興に尽力した。

- -
Pagetop