Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

すぎた ていいち

杉田 定一

嘉永4(1851)年~昭和4(1929)年

正義感と信念を貫いた自由民権運動の指導者

杉田 定一(福井市立郷土歴史博物館蔵)

明治~昭和時代の政治家。波寄村(福井市)の豪農の家に生まれる。上京して新聞記者となったのち、板垣退助と交わり、自由民権運動に関わった。地元で政治結社「自郷社」を結成。自由民権運動の旗頭として、多くの人々の支持を得た。
明治三(一八九〇)年には、初の衆議院議員選挙に出馬し、当選。北海道庁長官、衆議院議長を歴任し、地租軽減や、九頭竜川などの改修工事、金津と三国間の鉄道工事など、故郷のためにも力を尽くした。

- -
Pagetop