Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

どい としただ

土井 利忠

文化8(1811)年~明治元(1868)年

大野藩の危機を救った名君

土井 利忠(大野市歴史博物館蔵)

幕末の大野藩主。大赤字を抱えた財政を立て直すため、藩政改革に取り組んだ。内山良休、隆佐などの優れた人物を用いて、藩店大野屋の開設、面谷銅山の経営刷新、藩校明倫館と洋学館の開設、済生病院の新築、種痘の実施、西洋式軍制の採用、蝦夷地の開拓、帆船大野丸の建造などを行った。改革は成果を上げ、借金を返済、財政を黒字化させた。
利忠による、人材を育て、能力ある人を登用して藩の再建に努めたその取り組みは、封建社会において先進的なものだった。

- -
Pagetop