Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

みくに だいがく

三国 大学

文化7(1810)年~明治29(1896)年

苦学を志し、福井藩による国政改革の画策を助けた儒学者

三国 大学(坂井市みくに龍翔館蔵)

幕末の儒学者。号は幽眠。三国湊(坂井市)の豪商森家に生まれる。商売より学問に強く惹かれ、清貧に身を置き、学問を追求した。その後、公家の鷹司家に儒官として仕え、尊王攘夷の志士として活躍。将軍の後継問題では、橋本左内らに協力したため、安政の大獄で捕まり、追放の刑を受けた。
その後、明治新政府の教部省に入り、また『古事記』を研究して『略解古訓古事記』を出版するなど、国学の普及にも努めた。

- -
Pagetop