Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

わだ つなしろう

和田 維四郎

安政3(1856)年~大正9(1920)年

鉱物学発展の礎をつくった先駆者

和田 維四郎(国立国会図書館蔵)

明治~大正時代の鉱物学者。小浜城下(小浜市)生まれ。シャンク、ナウマンなどのドイツ人教師から近代鉱物学を学び、東京大学で日本人初の鉱物学の教授となる。八幡製鉄所の初代所長などを務めた。『本邦金石略誌』『日本鉱物誌』などを著したほか、鉱物標本約四千点を収集するなどし、日本鉱物学の父といわれる。書誌学者としても知られ、四万五千点以上もの古典書籍を収集、研究。その中には重要文化財級の書籍も多くあった。

- -
Pagetop