Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

たちばなの あけみ

橘 曙覧

文化9(1812)年~慶応4(1868)年

「たのしみは」ではじまる「独楽吟」を詠んだ幕末の歌人

橘 曙覧(福井市橘曙覧記念文学館蔵)

 幕末の歌人、国学者。福井城下(福井市)生まれ。中根雪江のすすめで国学を学んだと言われる。生活の中で見つけた小さな喜びを「たのしみは」で始まる和歌「独楽吟」によんだ。松平春嶽が曙覧の人柄を慕い自宅の「藁屋」を訪ねた。後に、正岡子規は“源実朝以来、歌人の名に値するものは橘曙覧ただ一人”と評価している。

- -
Pagetop