Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

しょうきょくさい てんいち

松旭斎 天一

嘉永6(1853)年~明治45(1912)年

国内外で好評を博した日本の近代奇術の創始者

松旭斎 天一(『福井県の華』より)

明治の奇術師。福井市生まれ。父は福井藩家老の家臣。七歳ごろ一家で阿波(徳島県)に行き寺に身を寄せるも寺を追い出され、旅芸人になる。二十代半ばから松旭斎天一を名乗り、西洋人に奇術を学んだ。その後、国内や欧米等で興行を成功させ、日本奇術界の基礎を築く。天勝や天洋(敦賀出身)など多くの弟子を育てた。

- -
Pagetop