Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

さくま つとむ

佐久間 勉

明治12(1879)年~明治43(1910)年

死の直前に記した遺書が世界に感銘を与えた、潜水艇の艇長

佐久間 勉(若狭町教育委員会蔵)

明治時代の海軍軍人。北前川村(若狭町)生まれ。明治四十三(一九一〇)年、訓練中、潜水艇が沈没した時、艇長として最後まで冷静に行動し、遺書を残した。乗組員全員が最後まで持ち場を離れずに殉職しており、こうした乗組員の姿や勉の遺書は世界に感銘を与え、夏目漱石は遺書を名文と絶賛し、与謝野晶子は追悼の歌を詠んだ。

- -
Pagetop