Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

てらかわ しょうべえ

寺川 庄兵衛

文化8(1811)年~安政3(1856)年

千歯扱きを改良し、早瀬をその産地に発展

千歯扱き(早瀬製)

早瀬浦(美浜町早瀬)生まれ。幕末の商人で稲を脱穀する道具「千歯扱き」を改良した。販売方法も工夫して、早瀬を一大産地に発展させた。千歯扱きの製造は明治以降も続き、何軒もの工場が操業していた。庄兵衛の工夫が産業になり、村の暮らしを支え、そして、日本中の米作りを助けた画期的な農具となった。

- -
Pagetop