Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

幕末・明治の福井

はしもと さない

橋本 左内

天保5(1834)年~安政6(1859)年

激動の時代を駆け抜けた志士の短くも熱い人生

橋本 左内(福井市立郷土歴史博物館蔵)

熱き幕末志士の原点

一、稚心を去る
一、気を振るう
一、志を立てる
一、学に勉む
一、交友を選ぶ


この五項目からなる『啓発録』は、学問を志した橋本左内が自らが生きていく上での心構えを綴ったもの。十五歳の早熟な少年が立てたこの誓いは、彼の出発点であり、後の活躍の礎にもなった。


幼いころから才覚を発揮

福井城下常盤町(現在の福井市春山二丁目)で、左内は藩医の長男として生まれた。
藩の医学校で漢方医学を学んだのち、十六歳で大坂の緒方洪庵(おがたこうあん)が開いた適塾へ入門し、蘭学を学んだ。その後、さらなる勉学のため、江戸へ。

活躍は福井藩を越えて

江戸に赴いた左内は蘭学や漢学を学ぶ一方、西欧の本を次々と読破して、世界へと視野を広げた。また多くの志士たちと親交を結び、自らの思想を完成させていったのである。
そんな左内の才能を藩主・松平春嶽は見逃さない。安政四(一八五七)年、二十四歳で藩校明道館の改革を命じられ、その大役を果たしたのだった。

新しい日本を目指して

左内は積極的に開国を推進する立場で活躍し、また、一橋慶喜を次期将軍にすべく、春嶽とともに奔走した。しかし、それに対立する井伊直弼が大老に就任すると、世に言う「安政の大獄」で捕らえられ、幽囚生活の後、安政六(一八五九)年十月七日、二十六歳の若さで斬首された。
その後日本が進んだ針路は左内も提唱した「富国強兵」「開国通商」そのものであった。激動の幕末明治期は、常に左内の志とともにあったのである。

- -
Pagetop