Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

歴史・文化クイズ

みなさんはどのくらい福井県の歴史や文化のことを知っていますか?
ランダムで出題される5問のクイズに答えて、「福井県歴史文化マスター」を目指そう!

歴史・文化クイズ

  • Q01
  • Q02
  • Q03
  • Q04
  • Q05

戦国時代、朝倉氏は「酔象(すいぞう)」の駒2枚が加わった42枚の駒で将棋を指していました。敵陣で「太子(たいし)」に成れば自陣の王(玉)将が取られても勝負が続行できるというユニークな駒でした。さて、なかなか勝負がつかないため家臣に酔象の駒2枚を除かせた人物がいました。それは誰でしょう。

回答
回答を選択してください。

文献史料で、越前国の人は古くから一乗谷を「一乗」と呼んでおり、「一乗谷」と記すようになるのは城下町が北ノ庄へ移ってから以後のことです。では、中世の越前国の人は「出谷(しゅっこく)」とよくいったり書いたりしていますが、どういう意味でしょう?

回答
回答を選択してください。

福井藩士の次男として生まれた岡倉天心は、日本近代における美術指導者として知られています。彼は「こうん」という猫を飼っていましたが、漢字で表すとどれでしょうか?

回答
回答を選択してください。

海に面し、奈良や京の都にも近かった若狭地域は、古代より都と大陸を結ぶ海の玄関口としての役割をもち、様々な物や文化が行き交う場所でした。では、若狭から都に運ばれ、都の人びとの生活を支えていたものは何でしょう?

回答
回答を選択してください。

今からおよそ6000年前(縄文時代前期)の人びとの生活がわかる鳥浜貝塚(若狭町鳥浜)は、当時の日本にはないと思われていた貴重で、珍しいものが出土したため、全国的に有名な遺跡です。それは、現代でも作る人が限られる難しい高い技術が必要なものですが、いったい何が出土したのでしょうか?

回答
回答を選択してください。
- -
Pagetop