Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

よもやま話Yomoyama talk

一乗谷の出土銭

物資の流通には、主に銭貨が用いられていました。基本的に1枚1文とし、10枚で1疋、100枚を1緡とし、1,000枚を1貫文といいます。朝倉氏は、棟別銭・反別銭の徴収や半済により蓄財し、例えば応仁の乱で焼失した清水寺の再興奉加の記録(「清水寺再興奉加帳」)では、英林孝景が500貫文、氏景・貞景がそれぞれ1,000貫文を寄進しています。また、物の価格の例として、一乗谷の阿波賀で行われた年貢米の取引相場記録(越前国二上国衛米納下注文「真珠庵文書」)によると、永禄8年(1565)には米1石当たり600文であったことが知られます。

さて、これまでに一乗谷から出土した銭貨はすべて銅銭で、28,000枚余りを数えます。これらの銅銭は、中国銭が約95%と大半を占め、残りはヴェトナム銭、朝鮮銭、琉球銭などです。また、日本で中世に中国銭を鋳写した模鋳銭が、数パーセント含まれることもわかってきました。銭種は、前漢代初鋳の五、新代初鋳の貨泉から、明代1527年初鋳の嘉靖通寶まで85種と豊富です。ちなみに、嘉靖通寶に続く明銭は1574年初鋳の万暦通寶で、朝倉氏滅亡後ということもあって出土していません。量の比率では北宋銭が多く約80%を占め、銭種では皇宗通寶、元豊通寶、熙寧元寶、元祐通寶が主体で、全体の35%余りを占めています。銭種による量の比率は、日本各地の出土銭に見られる傾向とほぼ合致していることから、日宋・日明貿易によって日本にもたらされた莫大な量の銅銭の全体内容を反映していると考えられ、銅銭が銭名を問わず1枚1文で取引されていた証と言えるかもしれません。