Loading

FUKUI MUSEUMS [福井ミュージアムズ]

よもやま話Yomoyama talk

若狭の民俗芸能

民俗の宝庫と言われる若狭地方では、祭りや行事のなかでさまざまな舞いや踊り、演劇や音楽などの芸能が上演されています。ここではそうした若狭の民俗芸能のなかから、神社の祭礼で行われているものを中心にいくつか紹介し、その歴史や意味などについて解説を加えてみたいと思います。

王の舞(おうのまい)

王の舞とは、鼻高面をつけ鉾(ほこ)を持って舞う芸能で、現在、嶺南地方の16か所17神社の祭りで演じられています。地元では「オノマイ」とか「オノマイさん」などと呼ばれています。

王の舞は、獅子舞や田楽(でんがく)などとともに、平安時代末期から鎌倉時代頃にかけて、奈良や京の都の祭礼をにぎわしていた芸能です。やがて王の舞は、若狭におかれた荘園の鎮守社の祭礼に、領主である奈良や京都の大社寺の祭礼をまねたものが導入されていった結果、獅子舞や田楽などとセットで伝えられました。都ではすでに見られなくなった芸能ですが、八百年の時を超えて、若狭では今なお生きた形で伝え残されており、若狭の民俗芸能のなかで最も注目されているものです。

若狭町気山(きやま)の宇波西(うわせ)神社(毎年4月8日)と美浜町宮代(みやしろ)の(みみ)神社(毎年5月1日)のものは、若狭の王の舞の双璧と言ってよいもので、どちらも一時間近い演技時間を要し、たいへん見応えがあります。力強く地面を踏みしめ男性的に舞う宇波西神社の王の舞に対して、弥美神社の王の舞には女性的な美しさがあると言われます。弥美神社の王の舞は、真っ赤な着物に孔雀の羽根を使った美しい鳥兜(とりかぶと)をかぶり、なめらかに、かつ躍動的に、約50分間舞い続けます。足腰の強さと柔軟性が要求され、見た目の優雅さに反して演じる若者にはとても過酷な舞いです。見事な演技には「大豊年!」のかけ声がかかります。

  • 宇波西神社 王の舞

  • 弥美神社 王の舞

棒振大太鼓(ぼうふりおおだいこ)

 小浜放生祭(おばまほうぜまつり)(毎年9月敬老の日直前の土日)や西津七年(にしづしちねんまつり)(巳年・亥年および丑年の5月4日・5日頃)をはじめ、小浜市を中心に若狭町の旧上中町域やおおい町の旧名田庄村に多く見られるのが、棒振芸をともなう大太鼓です。これを単に「大太鼓」と呼ぶところが多いですが、ここでは棒振大太鼓という名称にしておきます。これは、唐子風の衣装を着て頭にはシャグマ(毛頭)をかぶり、両端に(しで)の房のついた6尺ほどの長さの棒を持った二人または三人が一組となり、大太鼓と(かね)(時には笛も加わる)の大音響の囃子(はやし)に合わせて、棒を回したり打ち合わせたりするものです。演技時間はわずか一分足らずの短いものですが、豪快かつ素早く激しい動きで、アクロバティックな場面もあって、なかなか見応えがあります。棒振の演技のあとは、子供たちや青年たちが大太鼓の曲打ちを披露します。

小浜放生祭の住吉(すみよし)区や西津七年祭の小松原(こまつばら)川西(かわにし)区など、棒振大太鼓には行列の先頭に傘鉾(かさぼこ)がつくものが多く見られます。囃子の楽器の構成は異なりますが、傘鉾とともに、シャグマをかぶった棒振と囃子が一団となって動いていく姿は、京都祇園祭(ぎおんまつり)の綾傘鉾(あやがさぼこ)や四条傘鉾(しじょうかさぼこ)とよく似ています。京都祇園祭の傘鉾は、長刀鉾(なぎなたぼこ)に代表されるような、鉾とともに囃子方や稚児(ちご)が屋台に乗り込んだ鉾車の形態になる以前の、古い時代の鉾の姿を示すものとされます。傘鉾は疫神(えきじん)の依代(よりしろ)であり、それを太鼓・鉦・笛の囃子や棒振が囃したてながら移動していくという、中世後期に疫神送りの芸能として流行した風流囃子物(ふりゅうはやしもの)の形態を伝えています。住吉区の棒振大太鼓も江戸時代前期には「傘鉾」または「笠鉾」の名で史料に記されています。

棒振大太鼓の大音響の囃子には、音の呪力のようなものを感じますが、これに合わせて「ホウ、リョウ、リョウ、リョウ、リョウ」というかけ声がかけられます。このかけ声は、悪魔払いの意味をもつとされています。また、道行きの際、交差点にさしかかると二人の棒振が一、二度カンカンと棒を打ち合わせ、左右入れ替わってから角を曲がっていきます。これは辻々に潜む悪霊や疫神などを払い鎮める意味をもつものと考えられます。棒振大太鼓が疫神送り、悪霊払いの性格をもつ芸能であることをよく示しています。

  • 小浜放生祭 住吉区の棒振大太鼓

  • 小浜放生祭 住吉区の傘鉾

太刀振(たちふり)

 高浜七年祭(たかはましちねんまつり)(巳年・亥年の6月卯の日から酉の日までの7日間)をはじめ高浜町内の何か所かで行われている民俗芸能に太刀振あるいは振物(ふりもの)と呼ばれるものがあります。太刀振・振物は、高浜町から京都府の丹後地方にかけて数多く見られます。これは、刀や薙刀(なぎなた)、棒、槍など、さまざまな武器を持った二人から数人の者が相対して切り組みを見せるものです。小浜市の西津七年祭でも太刀と呼ばれる同様のものがあります。

なかでも高浜七年祭の太刀振は、半年間にも及ぶ稽古で鍛え上げられた若者たちによる見事な演技です。「橋弁慶」「伊達風俗」「彦山権現」など芝居仕立てになっていて、薄化粧をした若者が、激しく素早い動きで立ち回り、また、にらみ合いと、緩急を際立たせて鮮やかに演じます。目の先寸前に突き出された刃物を間一髪でかわす立ち回りに手に汗をにぎり、歌舞伎風に見得を切る華のある仕草にひきつけられて、5分間ほどの演技中目が離せません。祭り期間中、太刀振の追っかけギャルが出現するのも納得です。

太刀振には芝居仕立てのもののほかに、本身の薙刀を二人がゆっくり振る「大薙刀(おおなぎなた)」と呼ばれるものがあり、これは神輿(みこし)が動く前の儀式として必ず行われるものです。「大薙刀」は地清めともいい、神輿の神幸路を払い清める、露払いの役割を持っていることがわかります。このように太刀振は、元々、悪霊払いのために薙刀や太刀、槍などの武器を持って神輿警護に付き従っていた者が、要所で芸を披露したことから発展していった芸能だと考えられています。やはり中世に京都の祭礼で行われていたものが各地に伝わったものとされます。高浜七年祭においても中世末に祭りが始まった当初から太刀振が行われていたと考えられています。